WAGRIデータの力で日本の農業を元気に

WAGRIとは

農業データプラットフォームが、様々なデータやサービスを連環させる「輪」となり、
様々なコミュニティのさらなる調和を促す「和」となることで、
農業分野にイノベーションを引き起こすことへの期待から生まれた造語(WA + AGRI)です

協議会概要

農業の担い手がデータを使って生産性の向上や経営の改善に挑戦できる環境を生み出すため、
平成29年中に構築するデータ連携機能やデータ提供機能を持つ「農業データ連携基盤」(データプラットフォーム)。
今後、「農業データ連携基盤」を生産現場での利活用に加え、
流通から消費まで連携の取組を拡げ、様々な分野からの参画を頂くため、
平成29年8月『農業データ連携基盤協議会』(通称:WAGRI)を設立しました。

「農業データ連携基盤」は、内閣府・戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「次世代農林水産業創造技術」開発を進めているものです。

MORE

農業データ連携基盤とは

農業データ連携基盤とは、農家のみなさんがデータを使って
生産性の向上や経営の改善に挑戦できる環境を生み出すためのデータプラットフォームです。

詳しくはこちらをご覧ください。

PDF

活動報告

入会のご案内

本協議会への入会のお申し込みはこちら

入会のお申し込み

農業データ連携基盤協議会規約 [PDF]

お問い合わせ

農業データ連携基盤事務局

慶應義塾大学環境情報学部神成淳司研究室

お問い合わせ