⬅︎ Scroll  ➡︎
  • Data sharing leads agriculture to the next stage.
ABOUT WAGRI

ABOUT WAGRI

By sharing data, agriculture
can move into a new level.


データシェアで、農業は新しいステージへ

農業の担い手が、データを使って生産性の向上や、経営の改善に挑戦できる環境をつくるために、
データの連携や提供機能を持つ「農業データ連携基盤」(通称:WAGRI)を構築。
今後、生産現場での活用に加え、流通から消費まで連携を拡げ、
多くの分野からの参画をいただくため、平成29年8月に「農業データ連携基盤協議会」(通称:WAGRI協議会)を設立しました。

詳しくはこちら

WAGRI API

「WAGRI API」を利用することで、農業に関する様々なデータを参照、更新できます。
対象は、民間企業、団体、官公庁等が提供する気象や土地、地図情報等に加え、圃場ごとの作業情報まで多岐に及びます。
これらを組み合わせたり、共有したりすることで農業への利活用が可能になります。
また、農業団体や個人で保有している情報や、農機・センサー等のIoTで取得したデータを
他機関へ有償・無償で提供することができ、双方のメリットを「WAGRI API」は実現します。

  • 気象API気象API
  • 農地API農地API
  • 地図API地図API
  • 生育予測API生育予測API
  • 土壌API土壌API
「WAGRI API」とは